お気に入りの服ほど前面に

服の優先順位が一目で判る

好きでよく着る服を取り易い場所に置いておくようにすれば、クローゼットやタンスを見ればよく着る服とあまり着ない服の分類が一目で判る様に整理できるのです。整理整頓は何事でも重要ですが、整理整頓が上手な人は普段からよく使う物・たまに使う物・あまり使わないけど重要な物・全然使わない物といった様に普段から物を分類する事が上手なのです。

クローゼットやタンスを一目見ただけで服の使用頻度が判る様に普段から収納しておくと服選びも楽になりますし、衣替えの際に服を捨てるか捨てないかの判断もすぐに出来るようになりますので、普段からクローゼットやタンス中の整理整頓を心掛けておきましょう。整理されていると見た目も奇麗ですし、服選びも簡単なので良い事ばかりです。

スーパーの陳列法を参考にしよう

皆さんはスーパーの陳列法に一定の法則がある事をご存知ですか?まず入り口に特売品などの目玉商品があり、次に野菜コーナーがあって、その次に魚売り場があり、最後に肉製品の売り場がある様に外周を囲ってあります。実はこれにはきちんとした根拠があり、お客様が買い物をする際に食事のメニューを決めていく順番と同じように配置をしてあるのです。そのため、あちこちに行ったり来たりをせずに外周をぐるりと回るだけで食材が全部揃うように設計されているのです。

服選びもこれと同じようにクローゼットやタンスを開けただけで、今日はコレとコレを着ていこうと一瞬で服選びが出来るように配置しておくと服選びに時間が掛からなくなるので、ぜひ参考にしてみてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る