服選びを楽にするための収納術のポイント

服は3種類に分類しよう

服を季節ごとに分類する際には夏用・冬用・通年用の3種類に分類しておくと衣替えの際にとても便利です。衣替えが簡単になる事は先ほどご説明しましたが、それ以外にも衣替えの時期には、せっかく衣替えしたのに急に暑くなったり寒くなったりと気温が変動しやすいので、通年を通して使える服をいくつか用意しておく事で急な温度変化に対応する事が出来ます。

衣替えでしまった服をもう一度出してしまうとまた収納するのに手間が掛かりますので、一度衣替えをしたら収納した服はなるべく出さないようにする事が必要です。もちろんどうしても寒かったりした場合は我慢せずに出した方がよろしいですが、基本的には衣替えは1度で終わらせてしまいたいものです。

衣替えの際に服の使用頻度を点検しよう

後ほど詳しく説明しますが、使用しない服は収納スペースの無駄遣いです。衣替えを行う際にはその服を今シーズンどのぐらい着たのかを思い出してみましょう。全然着た記憶が無い様な服は思い切って捨ててしまう事をおすすめします。衣替えは半年に1度は行うものですので、その際に着る服・着ない服・残しておきたい服などを分類する事で服の整理も一緒に出来て効率的です。

オシャレにこだわりがある女性などは服がどうしても多くなりがちです。しかしそうしたオシャレな方は流行の服を常に買い揃える事が多いですので、流行遅れになった服は段々と着なくなってしまいます。着ない服を取っておくと新しい服を収納できなくなってしまいますので、定期的な服の整理は重要なのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る